ドラクエ8 3ds極限攻略

ボス攻略法:ドルマゲス

ドラクエ11攻略中!
ドラクエ11極限攻略

ドルマゲス第1形態

ドルマゲスは変身します。第1形態に勝ったあと第2形態で負けると、次は第2形態からの戦闘になります

■ステータス
HPMP攻撃守備素早さ経験値ゴールドアイテム
ドルマゲスA(本体)18802021287843000なし
 B,C(分身)570176128860なし

■行動パターン
分身:
攻撃【高頻度】、かまいたち、笑う、強制睡眠【低頻度】の中からランダム

本体:奇数ターンは2回行動、偶数ターンは1回行動。
◆ガレキ…打撃の1.1倍ダメージ×2回
◆無数のムチ…全員に30〜50ダメージ
◆しんくうは…全員に約60〜70ダメージ(バギ系)
◆強制睡眠…味方1人を眠らせる
◆ベホマラー…敵全体のHPを80〜100程度回復
◆いてつく波動…こちらにかかっている良い効果を消す

■攻略法
ドルマゲスに勝てない場合は、呪文や炎に耐性のある装備を買うと戦いやすくなります。 また、レベル上げをしてククールがLv30でベホマラーを習得するのも手。 3ds版ではトロデーンではぐれメタルにすぐ会えるので、雷光一閃突きか大魔神斬りがあれば簡単にレベルを上げられます。 ない場合は王家の山の少し西でメタルスライムが大量発生する場所でメタル斬り・聖水・毒針などで倒しましょう。

ドルマゲスは1ターン目に分裂しますが、中央が本体です。分身はHPが低いので、先にそちらから倒すのが良いでしょう。

分身の攻撃はほとんどが打撃系なので、スクルトを3〜4回重ねがけすると効果的。 ピオリムをかけるとほぼ必ず先攻できるようになり、回復がかなり安定します。
敵は1ターンおきに2回行動と1回行動を繰り返すので、1回行動のターンに回復を万全に行い、次の2回行動に備えると良いでしょう。

攻撃手段は、バイキルトをヤンガスと主人公にかけてがんがん殴るのが良いでしょう。ルカニは無効。呪文はヒャド系以外効果的。

※なお、敵の行動パターンは以下のように移り変わります
・開幕パート 「分身」→「ガレキ」→「Aパートへ移行orBパートへ移行」の順に行動
・Aパート 「無数のムチor真空波」→「攻撃or笑う」→「強制睡眠orBパートへ移行」の3行動ローテーション
・Bパート 「攻撃→無数のムチ→ベホマラー→ガレキ→いてつく波動→Aパートへ移行」の順

ボス攻略法:ドルマゲス第2形態

■ステータス
HPMP攻撃力守備力素早さ経験値ゴールドアイテム
264021013574120000なし

■行動パターン
毎ターン必ず2回行動。
◆マヒャド… 全体に48〜56ダメージ
◆ベギラゴン…全体に48〜64ダメージ
◆激しい炎…全体に65〜85ダメージ
◆羽根の雨…全体に50〜90ダメージ
◆おたけび…全員に1ターン休みを仕掛ける
◆超高速連打…通常攻撃の1/3ダメージ×5回
◆いてつく波動…こちらにかかっている良い効果を消す

■攻略法
強敵。多彩な全体攻撃と単体攻撃を持っており、1ターンに必ず2回行動してきます。 但し1ターンの中で全体攻撃を2回使ってくることはほとんどなく、 大体が単体攻撃と全体攻撃1回ずつになるようになっています。

敵の攻撃が強力なので、回復は早めに行うことが重要。ククールはできるだけ回復に徹し、常に全快近くを保っておきましょう。
補助はピオリム・フバーハ・バイキルトを使用。スクルトは無理にかける必要なし。

打撃はヤンガスが主で、たまに主人公も参加。メラミが効きにくいのでゼシカは攻撃しにくいです。 いてつく波動やおたけびが頻繁に来るので、ためずに攻撃した方が確実。 ルカニは低確率で効きますが、守備力は低いので必須ではありません。

※なお、3ds版の敵の行動パターンは、PS2版のようなローテーションではありません






ドラクエ8 3ds極限攻略